• 顧問

    植木 泰弘
    知財経営コンサルタント

     

    経歴

    東京都立大学工学部電気工学科卒業。 電機メーカの事業部門、研究開発部門で商品開発、技術開発に従事、電気関連の標準化会議(EIAJ、JEITA)において多くの規格の策定や改定の審議に参加。また、光ディスクの国際標準化会議に参画し、各国の企業と協調して国際規格を策定。発明者としても多くの特許出願と権利化を行なう。 知的財産関連では発明発掘、知的財産権の活用、知的財産に関する係争やライセンス交渉、訴訟を経験、標準規格に関するパテントプールの申請や評価に従事。

     

    資格・所属学会

    知的財産仲裁センター運営委員、相談員。日本弁理士会標準化委員会委員、ADR委員会委員、神奈川委員会委員。植木知的財産事務所代表。弁理士。

  • 青木 正己
    標準化担当

     

    経歴

    主にゴム、プラスチックス分野の技術開発に従事。 2011年にISO/TC45/SC2(ゴム及びゴム製品の試験法)の国際幹事に就任。その後、2015年に同、国際議長に就任、2018年にISO/TC45/SC4/WG8のコンビーナに就任し、現在に至る。その間、2014年にISOよりThe Lawrence D. Eicher Leadership Awardを受賞。さらに2015年には工業標準化事業表彰 経済産業大臣表彰を受賞(規格開発エキスパート 登録番号は SE00006)。

すべての投稿
×
×
日本知財標準事務所ホームページをご利用いただく際、個人の情報をお伺いする場合があります(人材募集等)。これらのご提示いただいた個人情報につきましては可能な限り秘密を保持しご利用者の同意なしに改変したり、第三者に開示することはありません。しかしながら、当ホームページは暗号化システム(SSL等)を使用していない為、万が一、「盗聴」「データの改ざん」「なりすまし」等のトラブルによって、ご提供いただいた個人情報が第三者に漏れた場合においての責任は負いかねますので、ご注意ください。